ホーム>MH3基本データ> ランスの基本操作

MH3 操作方法

基本操作方法、武器の扱い方など

モンスターハンター3のランスについて(切断系と打撃系両方)

圧倒的な防御力を誇る大きな盾と長い槍。全武器中最高のガード性能は今作でも健在。
新アクション「ガード前進」と「盾攻撃」にはスーパーアーマー状態が付くので、モンスターの風圧や味方の攻撃を避けつつ立ち回ることが可能になった。

そしてもう一つ盾を使った新アクション「カウンター突き」は、モンスターの攻撃を先読みしてコマンドを入力しておくことで、攻撃を受けた瞬間にカウンターで突きを入れることができ、そのまま反撃へ移行することができるという攻撃で、雰囲気的には格闘ゲームの返し技に近い印象。
ランスの基本となる3連突きの直後にもカウンター突きを入れることができ、キャンセル突きを入れたなら、そのまま更に3連突きを入れることもできるので、サイドステップを入れるより、キャンセル突きを入れた方が隙が少なく、より張り付けるような場面も多い。

新アクションの一つ「なぎ払い」もスーパーアーマーの付くモーション。前方を大槍で横になぎ払う攻撃で、小型モンスタの狩猟に役立つ。

ランスの基本操作(武器出し状態)

技名 威力 スタミナ リモコン クラコン PS2コン
武器出し - 移動中に+ボタン、またはリモコンを振る 移動中にXボタン 移動中にRスティック
中段突き - 水平にしてAボタン、またはリモコンを振る X ボタン Rスティック右
上段突き - 左にひねりAボタン Aボタン Rスティック下
なぎ払い - 右にひねりAボタン X + Aボタン Rスティック右
キャンセル突き - 立ててAボタン Rボタンを押しながらAボタン Rスティック左
カウンター突き - 立ててAボタン長押し Rボタンを押しながらAボタンを長押し Rスティック左を長押し
ガード突き - Zボタンを押しながらAボタン Rボタンを押しながらXボタン Rボタンを押しながらRスティック上
ガード前進 - - Zボタンを押しながらスティック + Aボタン、またはリモコンを振る Rボタンを押しながら、Lスティック + Xボタン Rボタンを押しながら、Lスティック + Rスティック上
盾攻撃 ガード前進後にAボタン、またはリモコンを振る ガード前進後にXボタン ガード前進後にRスティック上
突進 - -ボタン +ボタン Xボタン
急停止 - - 突進中にBボタン 突進中にBボタン 突進中にBボタン
フィニッシュ突き - 突進中にAボタン、またはリモコンを振る 突進中にXボタン 突進中にRスティック上

オススメ連携と攻撃の派生

攻撃 備考
1〜3連突き→ステップ or キャンセル突き(カウンター突き)

武器出し攻撃 or 中段突きと上段突きを絡めた1〜3連攻撃からステップで仕切りなおして立ち位置を調整。
多少の隙はあるが、ステップを入れないと硬直してしまうので注意。
立ち位置を調整する必要がない時、モンスターの攻撃がきそうな時はキャンセル突き(カウンター突き)で対処。

ガード前進→盾攻撃→1〜3連突き

ガード攻撃で敵の攻撃を回避、もしくは風圧を回避した後、盾攻撃からそのまま突きへ繋げることができる。

突進

突進では、麻痺の味方を吹っ飛ばすことで助けることができたりする。
オンラインでは不用意に出すと、意図せず味方を吹っ飛ばすことが多々あるので、使用する場合は周りの動きをよくチェックしておくこと。
※ 状態異常属性のある槍の場合は、大型モンスター転倒時に突進して状態異常のエフェクトが発動するとやめるまで出続けるので、仲間の邪魔にならなければ狙ってみるのも良い。

ガード強化がないとガードできないモンスターの攻撃

アグナコトルの炎のビーム
ウラガンキンの睡眠ガス
ギギネブラ倒れこみ時の毒
チャナガブルの吸い込み
ラギアクルスの放電
リオレイア怒り時の火炎放射
イビルジョーの龍属性ブレス
アルバトリオンのナパーム型ブレスの塊部分(着弾後の熱風はガード化)

オススメスキル

スキルは相手によって必要なもの、あると便利なものが変わってくるので一概にこれということは言えないが、スキル選択の参考までに。

スキル名 備考
ガード性能+ ガード後の後ずさりや硬直、体力の削りを減少または無効化することができる。
ガード強化 相手によってはあると便利。逆に相手によっては全く必要ない。
風圧無効

特に飛竜系モンスターに対してはあると便利な場面が多い。風圧無効【大】か【小】どちらが必要かは、モンスター図鑑を参照

回避性能

ステップを多用して敵の攻撃を回避するタイプの立ち回りに非常に有効。
既存のシリーズでは非常に重要なスキルの一つだったが、今作ではガード前進やカウンター突き、キャンセル突きなどが追加されているので、回避を多用しない立ち回りには必要なくなった。

回避距離UP

バックステップでモンスターへ高速で近付くことができたり、回避メインの立ち回りにも役立つ。

体術 ガードやステップ時のスタミナ消費を軽減してくれるので、安定した立ち回りに役立つ。
心眼

弾かれモーションが無くなり、弾かれた時の隙がなくなり安定する。
今作では全身が硬いモンスターというのはいないので、必要性は低い。
弾かれる可能性が高いのが、ウラガンキンやボルボロス、硬質化時のアグナコトル辺り。